YOKOHAMA CORP.

  1. トップページ
  2. 介護・福祉
  3. 相続の話

相続の話

isyo 2015年1月から相続税の制度が変更になり、 相続税を納めなくてはならない人が増えています。 ここでは相続税と死後に相続者がもめないように遺言書について考えてみましょう。 相続税 制度改定後の基礎控除額は  3000万円+600万円×法定相続人の数 妻と子供2人の場合の基礎控除額は4800万円となります。 遺産の総額から非課税財産と借入金などの負債と葬儀費用を差し引いた額が課税価格となります。 課税される額は課税価格から基礎控除額を引いた値となります、 非課税財産とは生命保険金や死亡退職金の非課税限度額・・・それぞれ500万円×法定相続人の数 税額計算の仕方 土地・建物や預金等の財産から借入金や未払金等の債務を引いたものが正味の遺産額になります。(生命保険金や死亡退職金はそれぞれ非課税限度額を超えた分が加算されます)
現金・預金・株式 4800万円
土地・建物(特例適用後)
(居住用宅地・事業用宅地などには特例が適用されますが  特例についても一部改正がされています)
8000万円
生命保険金 (入金額6,000万円ー500万円×3) 4,500万円
遺産総額 1億7,300万円
借入金 2,200万円
葬儀費用 300万円
正味の遺産額 1億4,800万円
 

正味の遺産額から基礎控除額を引いたものが課税遺産総額になります。妻と子供2人の場合の基礎控除額は4800万円となりますので
   1億4,800万円ー4,800万円=1億円
となります。

法定相続分で分割したものと仮定して相続税の総額を計算すると
妻1億円 × 1/2 = 5,000万円
長女1億円 × 1/4 = 2,500万円
長男1億円 × 1/4 = 2,500万円

仮の相続税は
妻5,000万円 × 20%(税率) - 200万円(控除額) = 800万円
長女2,500万円 × 15%(税率) - 50万円(控除額) = 325万円
長男2,500万円 × 15%(税率) - 50万円(控除額) = 325万円

合計1450万円となりました。では実際に1、450万円を法定相続分で分割した場合の計算 をしてみましょう。

妻1,450万円 × 1/2 = 725万円
長女1,450万円 × 1/4 = 362万5,000円
長男1,450万円 × 1/4 = 362万5,000円

となり子供2人は362万5千円、妻は725万円ですが配偶者は法定相続分に対する税額控除があります。 (配偶者の取得した遺産額が1億6,000万円に満たない場合には1億6,000万円) このため妻の税額は0円となります。


一次相続では、配偶者の税額軽減の特例を利用すると、財産の半分、あるいは1億6000万円まで課税されません。 ところが、配偶者が相続した財産については、配偶者が亡くなったときに、相続財産として課税されます。 基礎控除は3000万円+法定相続人数があるといっても相続税の納税額は大きくなる可能性がありますので 負担を避けるには、一次相続、二次相続における財産の分割の仕方とトータルの相続税額の比較検討が重要です。