YOKOHAMA CORP.

  1. トップページ
  2. 介護・福祉
  3. 介護保険とは

介護保険とは

介護保険制度は、2000年4月からスタートした制度です。
私たちは40歳になると、被保険者として介護保険に加入します。 65歳以上の方は、市区町村(保険者)が実施する要介護認定において介護が必要と認定された場合、 いつでもサービスを受けることができるようになります。 また、40歳から64歳までの人においても介護保険の対象となる特定疾病により介護が必要と認定された場合は、 介護サービスを受けることができます。
平成27年4月からは介護保険の予防給付(要支援の方に対するサービス)のうち 介護予防訪問介護と介護予防通所介護が介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という。)に移行され、 市町村の事業として実施されることになりました。(但し、市町村の判断により、事業開始を平成29年3月末まで猶予できる。) 総合事業には、従前の介護予防訪問介護と介護予防通所介護から移行し、 要支援者と基本チェックリストで支援が必要と判断された方(事業対象者)に対して必要な支援を行う事業(サービス事業)と、 65歳以上の方に対して介護予防を行う事業(一般介護予防事業)があります。
※40歳以上の方は、介護保険料を毎月支払うこととなっており、この保険料は、介護保険サービスを運営していくための必要な財源になります。 また、財源確保のため、介護保険料支払いの対象年齢を引き下げる検討もされているため、注意が必要です。