YOKOHAMA CORP.

  1. トップページ
  2. 子育て・知育
  3. 増えています!子供の近視

増えています!子供の近視

isyo 年々、割合が高くなっているといわれる子供の近視。小学5年生の3人に1人が要注意といわれています。 近視の原因ははっきりと分かっていませんが、両親が近視の場合はそうでないケースに比べて子供が近視の頻度が高いと言われています(遺伝的要因)。
 さらに、最近ではテレビゲームやスマートフォンなど、光の強いものを近くで見る作業が増えていることも禁止の要因の一つとされています(環境的要因)。
日本では、小学生の1割以上、中学生の約3割が近視という状況です。 特に成長期は身長が伸びると同時に、眼球も発育し大きくなり、その影響で近視になりやすいため特に注意が必要です。


お子様は大丈夫??近視チェック表

□ スマートフォンなど画面の小さいゲームで遊ぶことが多い
□ 暗いところで本を読んだり、ゲームをしていることが多い
□ テレビをみる時間が長い見ている
□ 眼を細めていることが多い
□ 集中して勉強できなくなった
□ 最近学力が急に落ちた
□ 転んだり、つまずくくことが多くなった
□ 物を見るとき、顔を傾けていることがある

3つ以上当てはまることがあれば要注意です!
 

近視とはどんな状態?

isyo 人間の眼は、カメラと似た構造です。カメラのレンズが水晶体であり、フィルムが網膜です。カメラで写真を撮る場合は、レンズが前後に動きピントを合わせますが、 人間の眼は水晶体が厚みを増すことにより、ピントが合い物を鮮明に見ることができるのです。
 このようにきちんとピントが合う屈折状態を「正視」と呼びます。しかし、 「近視」は、目に入ってくる光が網膜の手前で像を結び、物がぼやけて見えてしまうのです。手前で像を結んでしまう理由としては、眼軸(角膜から網膜までの長さ)が長すぎる、 角膜・水晶体の光の屈折率が強すぎることが考えられています。  



近視の治療方法

そもそも、子供の近視は治るのでしょうか。小中学生頃に始まる近視は、仮性近視と呼ばれる屈折性近視が多いといわれています。これは、眼の毛様体が 緊張し、一時的に近視の状態になっていることを指します。初期であれば目の調節を休ませる働きのある点眼薬をさすことで治療が可能です。 治療でよく処方されるのが、就寝前に点眼する「ミドリンM」です。調節緊張を解き、本来の機能を取り戻す役割があります。また、日中に使う「ミオピン」という調節麻痺剤もあります。 この点眼薬で2~3か月治療を続けても視力が出ない場合は、後述する軸性近視の可能性が高いので、眼鏡の処方を検討する必要があります。
 軸性近視と呼ばれる真正近視は、幼児期から進行します。
 このような近視は、目に入ってくる光が網膜の手前で像を結び、物がぼやけて見えてしまうので 手前で像を結んでしまう理由としては、眼軸(角膜から網膜までの長さ)が長すぎることが挙げられます。病的近視と呼ばれ、 発生の原因は不明とされています。また、1%というわずかな確率ですが、「網膜剥離」を起こす可能性もあるので注意が必要です。
 真正近視と診断された場合、小学生までなら眼鏡による矯正が基本です。 眼鏡は一度作ったらずっと使えるというわけではなく、定期的な視力検査と、視力の変化に合わせたレンズ交換は必要となりますが、角膜を傷づける恐れがないので 低年齢の子供でも安全に使うことができます。
矯正方法としては、コンタクトレンズも有名ですが、目の深刻なトラブルをおこすことにもつながるので、ある程度自分で清潔を保つことができる中学生以上が望ましいとされています。
 新たな治療方法として、オルソケラトロジーという方法もあります。これは、就寝直前に、オルソレンズと呼ばれる特殊な高酸素透過性ハードレンズを装着します。 寝ている間に近視の角膜の形を正常なレンズデザイン形に矯正し、裸眼視力を回復させていく技術です。レンズを取り外しても、レンズを装用した時と同じ効果 が続くので日中は裸眼で快適に過ごせることが大きなメリットです。しかし、まだ保険適用外のため、金銭的負担が大きいことがデメリットとして挙げられます。