YOKOHAMA CORP.

  1. トップページ
  2. 医療
  3. 三大疾病
  4. 脳卒中

脳卒中


はじめに

脳卒中について理解するためには、脳と血液の関係を理解しておく必要があります。
 脳が機能するためには、十分な酸素を含んだ血液が絶えず供給される必要があります。 脳には予備の酸素を蓄えておく機能がありませんので、なんらかの原因で、脳への血流がとまってしまうと、脳は酸欠状態になり、その血流が途絶えた部分の脳はダメージを受けます。

脳卒中とは

脳卒中とは、脳の血管が詰まったり、血管が破れることによる、脳の血管障害がひきおこすさまざまな症状を指します。
 脳卒中には、脳内出血・くも膜下出血・脳梗塞・一過性虚血・ 高血圧性脳症など、いろいろな症状がありますが、これらはおおまかに分類すると、血管が詰まったり狭くなる「脳梗塞」と、血管が破れてしまう「頭蓋内出血」の2つに分けられます。(下図を参照。)

脳卒中のさまざまな症状
脳卒中分類図

脳卒中分類