YOKOHAMA CORP.

  1. トップページ
  2. 介護・福祉
  3. 介護施設について

介護施設について


代表的な介護施設について簡単にまとめてみました。

介護付有料老人ホーム 介護度=要介護1~5(混合型は自立者から)
民間事業者によって運営される介護施設であり食事をはじめとした健康管理、掃除や洗濯、入浴、排泄など日常生活において介護サービスが受けられます。 「介護専用型」と健常者を受け入れる「混合型」があります。 常駐する介護スタッフによって介護サービスが提供されており、中には24時間看護など充実した体制が整っているところも多くあります。
入居には、多くの場合、初期費用と月額利用料が必要になります。施設の場所や地域、設備やスタッフによって、 初期費用は0~数千万円、月額利用料は12万~30万円程度とかなり差があります。
グループホーム 介護度=自立~重度。
認知症高齢者のための住まいとして「認知症対応型老人共同生活援助事業」と呼ばれ、 家庭に近い環境で、入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を持ちながら、 自立した生活を送ります。認知症にかかっている高齢者が入居を検討する施設としては、 最初に名前が上がってくるものでもあります。
月々にかかる費用は、家賃・食費・光熱費、介護保険の1割自己負担額の他に、 おむつ代などのその他雑費がかかります。負担内容は事業者の契約プラン、部屋タイプ、 介護度によって異なり、 入居一時金や保証金が必要になる場合があります。
原則的に医療面でのケアは行っていません。伝染性の病気や疾患の方や、 重度の介護が必要な方で共同生活を送ることが困難な方は入所が難しい場合があります。
住宅型有料老人ホーム 介護度=自立~要介護2程度。
施設内に介護スタッフが常駐していないの自己負担が必要になる.介護保険を利用する場合は、自宅で訪問介護やデイサービスを利用する場合と同じように、介護度と地域によって1割負担で対応できる上限額が決まっています。
介護が必要な方は、外部の介護サービス事業者と契約を結ぶことで、施設に入居しながら外部の訪問介護などの介護サービスを利用することができます。介護付と住宅型の違いは介護スタッフが常駐しているか、外部サービスを利用するかの違い
軽費老人ホーム
・ケアハウス
介護度=要介護1~5(介護型)。
軽費老人ホームには食事の提供がある「A型」と食事の提供がない「B型」がありますが、 「C型」とよばれ食事の提供があるものが「ケアハウス」といわれています。 入所の対象は、家族による援助を受けるのが困難な60歳以上の人です。
A型は介護が必要になった場合に、退所しなくてはいけませんが、 C型といわれるケアハウスは、もし介護が必要になっても、そのまま介護を受けることができる施設です。
ケアハウスの入居には、多くの場合、初期費用と月額利用料が必要になりますが 比較的有料老人ホームと比べて利用料金が安く設定されているため、 一般的にケアハウスは人気も高く、入居希望者も多いため、即入居できるわけではありません。
特別養護老人ホーム 介護度=要介護3以上。
特別養護老人ホームとは、社会福祉法人や地方公共団体が運営主体となっている公的な介護施設で低料金・手厚い介護が特徴。 「寝たきり」や「認知症」などによって自宅での生活が困難な方や、在宅介護を受けることが難しい方のための施設として 高い人気を誇っていますが、入居希望者が多くなかなか入居できません。
入居一時金はかかりません。負担すべき費用は、本人や扶養義務のある家族の世帯収入・課税状況の他、 相部屋・個室ユニットなどの部屋タイプによって異なります。
医療スタッフが常駐していない施設もあります。常時医療を必要とする方々に対しては対応が難しい点もありますので注意が必要です。
介護老人保健施設 介護度=要介護1以上。
介護老人保健施設は、利用者が自立した日常生活を営むことが出来るよう、日常生活動作のリハビリ等を行いながら、 在宅生活復帰をめざす施設です。在宅生活の復帰を目的としているため、退所して家庭での生活ができるか、 定期的に検討します。また病状により入院治療の必要が認められる場合は、適切な医療機関を紹介します。
入居一時金はかかりません。負担すべき費用は、本人や扶養義務のある家族の世帯収入・課税状況の他、 相部屋・個室ユニットなどの部屋タイプによって異なります。

ご利用になられる皆様の事情によりご自分に合った施設をお考えください。