YOKOHAMA CORP.

  1. トップページ
  2. 医療
  3. 低血圧症

低血圧症


低血圧とは

一般的に、低血圧とは、収縮期血圧100以下、拡張期血圧60以下とされています。 低血圧は、高血圧症とは違い値が低いからと言って病気につながるわけではありません。 しかし、慢性的な低血圧が続くと、以下のような不調が生じるので注意が必要です。
isyo ・めまい
・立ちくらみ
・冷え性
・動機
・食欲不振
・肩こり腰痛
・朝が弱くなる(寝起きが悪い)


急に立ち上がった時に、めまいがして目の前が真っ暗(チカチカ)になり、卒倒することがあります。 これは起立性低血圧と呼ばれ、心臓から送り出された血液が心臓に戻りにくい状態に一時的に陥ることでこの症状は生じます。 高齢者や妊婦、若い女性等に多い症状です。

低血圧解消のために

1 食事

 低血圧の人は、朝が弱いため朝食を抜きがちですが、しっかりととることが大切です。 塩分を効かせた味噌汁やスープなどだけでも良いそうです

2 運動

 下半身の筋力トレーニングが効果的です。特に第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎの筋肉をつけることが 低血圧解消のポイントです。

3 生活習慣の見直し

 三食バランスよくとり、水分を一日2リットルは飲みましょう。また、湯船にもつかり、早寝早起きをすることで 血流がよくなります。また、たばこは厳禁です。ぜひ禁煙しましょう。

4 サプリメント

食事・運動・生活改善とともにサプリメントを取り入れるのも有効的です。

プロポリス

心肺機能を高め、心臓のポンプ機能を正常にして、血液の流れをスムーズにしてくれます。


コエンザイムQ10

体の細胞ひとつひとつに含まれる補酵素で、エネルギーの代謝促進や体の酸化を防ぐなどの重要な役割を果たします。 心臓のポンプ作用を正常な状態に促し、血液の流れをスムーズにしてくれる作用があります。


黒酢

黒酢には、低血圧解消に欠かせない基礎代謝アップの作用のある必須アミノ酸が食酢の120倍含まれています。 また、クエン酸が新陳代謝を促し疲労感を軽減します。飲みにくい黒酢もサプリなら簡単に取り入れられます。