YOKOHAMA CORP.

  1. トップページ
  2. 介護・福祉
  3. 生活の知恵袋
  4. 特殊詐欺対策

特殊詐欺対策

特殊詐欺とは

オレオレ詐欺 面識がない不特定多数の人に対して、電話やメール、郵便物などの連絡手段を使って、直接被害者に会わずに被害者をだまして、不正に振り込みさせたり、第三者を介して 現金などを支払わせたりする詐欺のことを指します。
特殊詐欺には、オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺などをはじめ、いろいろな種類の詐欺があります。 何故簡単にひっかかってしまうのか、「自分は絶対に大丈夫」と思う人がほとんどだと思いますが、被害に遭われた方々は、皆さんと同じ普通の方がほとんどです。

詐欺集団は、事前に綿密なシナリオをいくつも作り、組織的に被害者を追いこんでいきます。「自分だけは大丈夫という油断」が大敵です。
特殊詐欺を撲滅する為には、被害者自身が注意するだけではなく、家族や近隣住民、警察、金融機関が協力して対処することが重要です。
協力


特殊詐欺の被害状況

警察庁からの平成29年発表によれば、例年、認知件数は増加傾向にあるものの、被害額は減少傾向にありますが、それでも、単月の被害額は20億円を超えており、平成28年の総被害額は373.8億円です。

詐欺の手口にも変化がみられ、被害者の動揺、不安につけこむオレオレ詐欺や、架空請求詐欺が減少傾向にある一方で、融資保証金詐欺や還付金等詐欺などの、人の金銭欲、物欲につけこむ詐欺が増加傾向にあります。

特殊詐欺の犯人組織

特殊詐欺の手口

特殊詐欺に関するリンク集