YOKOHAMA CORP.

  1. トップページ
  2. 医療・看護
  3. 高齢者のうつ病

高齢者のうつ病について


高齢者のうつ病とは

isyo 高齢者のうつ病有病率(ある時点で病気にかかっている人の割合)は10人に1人~2人以上の割合と言われています。 うつ病は認知症と並んで高齢者によくみられる病気の一つです。 厚生労働省の調査によると、性別・年齢階層ごとの気分障害(双極性障害を含む)の患者数は、男性は40歳代で最も多く、 女性は30歳代~70歳代まで高い水準で推移していて、特に高齢者では男性に比べて女性の患者が非常に多い傾向が明らかになっています。
  老年期にうつ病が高率になる原因として、老年期には、うつ病のきっかけとなりやすい環境的、心理的要因があります。 長年寄り添った配偶者に先立たれた、子供が巣立った等の喪失感や、自分や配偶者の健康状態への懸念などがあげられます。 精神的・肉体的にも活力が落ちている上、苦悩が増えているのです。 その上、うつ症状を年齢や軽い認知症のせいにされて未治療のままになことも、うつ病が重症化する原因となっています。


高齢者のうつ病の症状

高齢者のうつ病でもほかの年代と同じように下記のような症状が現れます。
 ・ 食欲の低下 
 ・ やる気、意欲の低下 
 ・ 外出や趣味など、今まで楽しめていたことがつまらない 
 ・ 疲れがとれない 
 ・ 死にたい、消えてしまいたい気分が続く 
 ・ 眠れない、寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める 

 また、老年期のうつ病の特徴としては、体の不調の訴えが多くなります。特に悪いところはなにのに、 痛みやしびれが続いたり、胃腸や胸部の不快感がとれません。 さらに、「自分は重大な病気ではないか」や「家族のお荷物になっているのでは」といった極度の心配性になる傾向があります。 性格が激しくなり、それまで穏やかだった人でも家族や近隣の人にどなったり、要求が多くなるといったことも特徴です。 うつ病が進行すると、虫が体の中にいるといった心気妄想や、貧 困妄想(実際はお金があるのにないと言い張るなど)に取りつかれることがあります。


うつ病が疑われる人がいたら

isyo 一般のうつ病と同様、「がんばれ」や「もっと大変な人はいるんだから」等といった励まし、 「甘えている」「だらしない」などといった叱咤も厳禁です。 高齢者の場合は、周囲も「年だからしょうがない」と考え受診せずにほおっておくことが多く、重症化しやすい傾向にあります。 また、受診しても体の痛みばかり訴え、精神症状は医師に話さないためうつ病とは判断されないことも多いと言われています。 家族や周囲が異変を感じたら、なるべく早めに精神科または心療内科を訪れることが大切です。 うつ病は、初期の場合は投薬によりかなりの割合で快方に向かうことが実証されています。 楽しい老後をおくってもらうためにも、また、支える家族のためにも、わずかなサインも見逃さないようにしたいものです。