YOKOHAMACORP.

  1. トップページ
  2. 介護・福祉
  3. 中高年が陥りやすい鬱な気持ち

中高年が陥りやすい鬱な気持ち

aruku うつ病は誰もがかかる病気です。鬱の原因は様々ですが、最も影響を及ぼすのがストレスです。過度のストレスがかかると脳が対応しきれず 心身にトラブルが生じると考えられています。特に、女性は男性の2倍鬱にかかりやすいといわれています。その原因は、感情の調節に関わる女性ホルモンの変動が ストレスへの抵抗力を低下させると考えられています。
 うつ病の症状は気分の落ち込み、不安感、気力や意欲減退、集中力の低下、食欲不振、睡眠不足・過多 自己否定などがあります。病気まではいかない「鬱っぽい気持ち」も同様の症状ですが、時間とともに気分が上向きになるのが特徴です。しかし、 放っておくとうつ病へと移行し、重症化すると完治までの期間が長くなります。「そのうち何とかなるだろう」などと安易に考えておくのは非常に危険です。症状が 2週間以上続くようなら心療内科や精神科を受診しましょう。早期に適切な治療を行えば、必ず良くなります。



中高年がかかりやすい鬱

50代60代は更年期に加え、子供の自立や夫の定年などで生活環境が変わりやすい時です。そこに体力の衰えが相まって環境の変化に心身が対応できず、鬱になる人が少なくありません。

① 仮面鬱
 仮面鬱とは、心の症状があまり出ず、体の不調が前面に出るタイプのものです。症状の特徴は、頭痛、めまい、吐き気、食欲減退、冷え、しびれ、肩こり腰痛、 めまい耳鳴りなど様々なものです。
 さらに、発汗や頻尿などもあり、身体的な病気や更年期障害を疑い、他科を受診する方が多く、うつ病の発見に至らないケースがあります。 体の症状に加えて、いつもより心配性になったり、悲観的になったり、自己否定の気持ちが強くなっている場合は仮面鬱の可能性が大きいです。 内科的外科的な検査や治療に効果がない場合は、心療内科を受診ししてみましょう。

② 高齢者鬱
 高齢者鬱とは、高齢期にかかりやすいうつ病のことです。最大の原因は喪失感。親しい人を亡くすことはもちろん、若さ、仕事、やりがいなど 様々な喪失体験が心を沈め、うつ病へと導くのです。
 また、死が身近に感じられ、焦燥感や恐怖に苛まれることも多くなります。高齢期に失ったものは、取り戻しにくく、現状を受容するしかないのが辛いところです。誰にも打ち明けることのできない寂しさ侘しさ、喪失感に心が限界を迎えることが 高齢者鬱を引き起こします。
 うつ病の症状で最も恐ろしいのは自殺願望を引き起こすことです。しかも高齢者は社会的役割や家庭内での居場所がない場合が多く、 「こんな自分が生きていても迷惑だ」と考える傾向にあります。それだけに、特に高齢者鬱は、早期発見・治療が症状改善の肝となってくるのです。しかし、高齢者鬱の症状は、体の痛みや不調、イライラなどの他、短気になる、行動や反応が鈍くなるなどが特徴です。これは、年齢を重ねることによる 身体の衰退の特徴と酷似しているため、「年のせい」と考えられ、うつ病を見逃される危険性をはらんでいます。
さらに、症状が進むと、物忘れなども出てくるので「認知症」と間違えられ、症状を悪化させるケースも多いのです。認知症は、進行を遅らせることはできますが、症状を改善することは難しいです。 しかし鬱は治療で改善します。
 何かおかしい、と思ったら、まずは診断がしやすい認知症の検査を受けてみてください。そこで違うと判断されれば、うつ病の可能性が高いので、専門家の治療を受けましょう。


鬱っぽい気持ちを改善しよう

うつは、ストレスへの対処や頑張りすぎている日々に心や体が疲れ果てている状態です。一旦症状が改善してもストレスがなくならない限り症状は再発 してしまいます。完璧主義の人や人に頼れない人、こんな事で泣き言言うなんて・・・と自分を責めやすい人は要注意です。大切なのは「何事も適度でよい」 と考えること、そして大変な時は「助けて」と周囲にSOSをだすことです。
 また、本音や愚痴が言い合える友人や家族がいると気持ちの発散につながり、 ストレス解消になります。さらに、以下のことを生活の中で取り入れられると予防や再発防止に効果的です。
・朝起きたらカーテンを開け、太陽の光を浴びる
・映画やドラマ、落語などを見て喜怒哀楽の感情を外に出す
・音楽を演奏する、カラオケをする、好きな曲を流しながら家事をする、など音楽を楽しむ
・散歩やヨガなど軽い有酸素運動を行う
・えごま油や青魚に含まれる「オメガ3」を積極的に取り入れる

 鬱の治療を受けている場合は、医師の指示に従うことが大切です。aruku 症状が落ち着いても1年は様子を見ながら投薬を続ける維持療法が必要な場合が多いです。 また、自己判断で受診や服薬をやめると再発しやすくなるので注意が必要です。
 嫌なことを考えないようにするのは難しいものです。しかし、何かを育てたり、好きなことに没頭すれば気持ちの切り替えがうまくいき、 悩みから離れることができます。様々なものに目を向け、何か夢中になれるものが見つかるとよいですね。